インプラント治療

インプラント治療とは、失った歯の代わりに チタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、審美性や機能性を回復させる治療法です。
インプラントに歯冠を被せることで入れ歯やブリッジにはない機能性を実現します。
また、インプラント治療は、支えとなる健康的な歯が多く残っている必要があるブリッジとは異なり、1本からでも治療が可能です。
毎日のお手入れも普段の歯磨きの方法と変わりません。
装着後の違和感も少ないため、入れ歯やブリッジが合わなくて困っている方にもおすすめです。
近年インプラント治療の是非が問われている傾向がありますが、治療のメリットと注意点を十二分に理解して、適正な診断から適正な治療計画のもとに適切に行われたインプラントは、長きにわたり健康な機能を果たしてくれます。

当院では開業以来数多くのインプラント治療をさせて頂いて多くの方にその恩恵を実感していただいています。

上の症例は交通事故で5本の歯を失い、顎の骨は薄くなっていたため、骨移植を行いインプラントで2006年に修復させて頂きました。
2017年現在何の問題もなく経過しております。
上の症例では固定式の歯を入れましたが、1本も歯のない総義歯、特に下顎の総義歯は条件が悪い事が多いこともあってなかなか痛みがなく、
使っていて外れない義歯を作成することが難しいことがありますが、少ない本数のインプラントで支えを作ることによりなんでも咬める義歯を作ることも容易になります。

骨移植・GBR・サイナスリフト

インプラントは、充分な骨に支えられてこそ長期予後が期待できます。
そのため、骨の不足している部分に骨を作る処置が必要になる場合があります。
当院ではそのような症例にも対応させて頂いています。
骨がなくインプラントは出来ないと言われた方でも全身的な問題等がなければ多くの場合処置が可能です。
(場合により、外部医療機関との連携となる場合もございます。)

様々な理由でインプラントは出来ないとあきらめていた方も是非一度御相談下さい。

埼玉県川越市 東武東上線  新河岸駅 たかしな歯科医院 のホームページです。